2019-02-08
カテゴリトップ > メーカー別一覧 > CANON(キヤノン/キャノン) > ストロボ
【送料無料】キヤノン マクロツインライト MT-26EX RT 電波ワイヤレス多灯撮影に対応。
位置・角度自在の接写用ストロボ。

【製品特徴】
■両側発光時のガイドナンバーが、従来のマクロツインライトMT-24EXの約24から約26にアップ。大光量で撮影できます。さらに、左右のライト間で光量比もコントロール可能(8:1〜1:8まで1】2段ステップ13段階)。片側発光時のガイドナンバーは、約19.9となります。

■左右のライトはそれぞれ、垂直方向(上方45°〜下方45°)と水平方向(内側60°〜外側30°)の角度調整に加え、取り付けリング上での回転が可能(上方50°〜下方30°)。取り付けリングから発光部を外して撮影することも。自由な角度調整によって、立体感を演出したり、影の向きを変更したり、思い通りのライティングが行えます。

■光通信に加え、スピードライト600EX II-RTと同様の電波通信に対応。5グループ(最大15台)のストロボを同時に制御できます。発光モード(E-TTL】マニュアル】外部調光)はグループごとに設定可能。リモートレリーズにも対応しているので、離れた位置に設置したストロボを動かしたその場で撮影できます。 

■最小光量の制御限界が1】512に拡大し、従来のマクロツインライト(裁量光量:1】64)では白トビしてしまっていたシーンも適切に調光制御。超近接撮影時も白トビを抑え、ディテールまで鮮やかに描写できます。同梱のディフューザーを装着することで、さらに光量を抑えることも可能です。
 
■充電ランプが緑色の、フル充電前の状態での発光が可能になりました(クイック発光)。電源を入れた直後や連続撮影時など、これまで逃していたシャッターチャンスの撮影を実現します。
 
【製品仕様】
◇ガイドナンバー:両側発光時:26.0(ISO100・m)、片側発光時:19.9(ISO100・m)
◇照射角:上下約65°、左右約65°(発光部基準位置】片側)
◇露出制御方式:E-TTL II】E-TTL自動調光、マニュアル発光
◇閃光時間:通常発光:約1.8ms以下、クイック発光:2.3ms以下 
◇最大ガイドナンバー:両側発光:26】片側発光:19.9(ISO100・m))
◇大きさ:制御部:69.5(幅)×112.5(高さ)×90.0(奥行)mm
発光部+取り付けリング:232.2(幅)×91.1(高さ)×49.1(奥行)mm
◇質量:約570g(ストロボ本体のみ、電池別)

 
価格
121,500円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
メーカー取り寄せ。入荷次第の発送
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く